話題のニュースまとめ

最新トレンドニュースを発信します♪

2016年10月

最も走ったチーム&選手は…J1第2S第16節の走行距離発表

CtucgKOUIAElxJi.jpg

 Jリーグは29日に行われたJ1第2ステージ第16節の9試合において、トラッキングシステムにより取得したデータから選手の走行距離などを発表している。

 Jリーグによると、29日に行われた9試合で最も走行距離が長かったチームは、サガン鳥栖で126.672km。2位は横浜F・マリノスで121.692km、3位はG大阪で115.763kmだった。逆に最も走行距離が短かったのは、ヴァンフォーレ甲府で106.045kmだった。

 選手別の走行距離では、1位が鳥栖のMF高橋義希で14.583km。2位は横浜FMのFW富樫敬真で13.423km、3位は横浜FMのMF天野純で13.073kmとなっている。

 また、スプリント回数(時速24km/h以上)を見ると、最も多かったチームは鳥栖で203回、2位は鹿島アントラーズで184回、3位はジュビロ磐田で181回。選手別では、1位は横浜FMの富樫が38回と最も多く、2位はアビスパ福岡のDF亀川諒史の33回、3位はヴァンフォーレ甲府のMF田中佑昌、ガンバ大阪のDF藤春廣輝、名古屋グランパスのFW永井謙佑で30回だった。

■以下、第2S第16節の各チームの総走行距離
10月29日(土)
鹿島(109.394km) 0-1 川崎F(109.605km)
柏(111.430km) 1-2 大宮(111.094km)
FC東京(114.807km) 1-0 仙台(112.760km)
湘南(110.504km) 1-0 甲府(106.045km)
磐田(115.360km) 0-1 浦和(115.166km)
G大阪(115.763km) 3-1 新潟(111.306km)
神戸(110.981km) 3-0 名古屋(109.624km)
広島(109.995km) 4-1 福岡(111.345km)
鳥栖(126.672km) 2-2 横浜FM(121.692km)

錦織 宿敵チリッチになす術なく完敗「リズムをつかめず」

Screenshot_20160827-083953.png

 最後はあっけない幕切れだった。

 男子テニスのスイス室内(バーゼル)は30日(日本時間31日未明)に決勝を行い、第3シードで世界ランキング5位の錦織圭(26)が第4シードで同12位のマリン・チリッチ(28=クロアチア)にセットカウント0-2のストレート負け。準優勝に終わった。

 錦織は過去の対戦で7勝4敗と勝ち越しながら、14年の全米オープン決勝、今年7月のウィンブルドン選手権4回戦(故障棄権)でも苦杯を喫した相手に手も足も出ない。198センチの長身から繰り出される強烈なサーブに圧倒され、試合の主導権を握られた。得意とするストローク戦に持ち込んでも、逆に相手の正確なショットに翻弄されて、わずか25分で1セット目を落とした。

「大事なポイントでも、いいテニスができなかった」(錦織)と振り返った通り、第2セットは再三のチャンスを生かせない。チリッチのダブルフォールトで15-40とブレークチャンスを得た第10ゲーム。互いにミスが出てジュースとなり、最後は錦織のフォアが外れて計3度のブレークチャンスをものにできなかった。錦織はタイブレークまで持ち込んだが、最後の第2サーブがネットに当たり、痛恨のダブルフォールトで試合終了である。

 相手の勢いに押し切られた錦織は「きょうはリズムをつかめず終わってしまった。決勝まで来て負けるケースが多いので、引きずらないようにしたい」と悔しそうな表情を隠さなかった。

 錦織は31日(現地時間)開幕の今季マスターズ最終戦「マスターズ・パリ」(フランス)に出場する。

★TVで話題★【送料無料】生クリームサンド(12個セット) 累計販売1500万個以上-パン工房カワ

CtuZ-3_UEAAd-gH.jpg
★TVで話題★【送料無料】生クリームサンド(12個セット) 累計販売1500万個以上-パン工房カワ

カワ人気No.1の生クリームサンド。ふんわりコーヒーパンに自家製イチゴジャムと生クリームが絶妙!長年のお客様のご要望にお応えして、ついに通信販売が実現しました! 内容量12個 消費期限お届け後、冷凍で約2週間。 解凍後は、当日中にお召し上がりください。 原材料乳等を主要原料とする食品、小麦粉、砂糖、いちごジャム、メ[ガリン、卵、植物油脂、パン酵母、全脂粉乳、塩、コーヒー粉末、寒天、ャ塔iン、イーストフード、乳化剤、香料、ビタミンC、酵素、酸化防止剤(トコフェロール、ビタミンE)、着色料(カロチン)、カゼインNa、pH調整剤、ャ泣gース、コーンシロップ、乳糖(乳成分を含む)、ゲル化剤(加工でん粉) 7大アレルゲン小麦、乳、卵 保存方法要冷凍(-18℃) お届け冷凍発送テレビ放映にて、当店の生クリームサンドが 紹介されたことにより、ご注文が大変込み合っております。 全てが一つひとつ手作りの商品のため製造数が限られ、 現在発送までに2週間?20日程のお日にちを頂戴しております。 大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいませ。 愛され続けて30年。 1日10,000食売れることもある大人気商品。 パン工房カワはもともと洋菓子と焼き立てパンのお店として創業いたしました。 そのため社長は洋菓子と製パンの両方の知識を兼ね備えており、それぞれの良いところをとった生クリームサンドを開発したのです。 開発と同時に爆発的なヒットとなり、毎日発売と同時にすぐに売り切れていました。 全てが手作りの為、製造数には限りがあり、現在でも午前中には売り切れる日が多く、累計販売数1,000万個以上の実績があります。 カワを代表する30年以上愛され続けているヒット商品です。 こだわりの素材と絶妙のバランス 生クリームサンドに使用しているのは自家製イチゴジャムと生クリーム、そしてコーヒー生地のふわふわのパン。 ひとつひとつの美味しさはもちろん、こだわりはなんと言っても絶妙のバランスです。 開発当時、カワの生クリームサンドを真似して同じようなパンを販売する店舗も多かったのですが、どうしてもカワの生クリームサンドと同じ味は真似できず、唯一の商品となりました。 独自の製法で、冷凍してもふっくら パンは、冷凍をすると生地に含まれる水分が外に出てきてしまう為、解凍した際、パサパサして舌触り悪 く、美味しくないという問題がありました。 兼ねてから、「商品を宅配便で発送してほしい」というお客様からお問い合わせや、各種メディアからのお問い合わせも頂いていましたが、 そういった冷凍による品質の低下や、 生産数に限りがあることからお断りをしていました。 しかし、長期間の研究の末、冷凍しても水分を外に逃がさず、ふっくらと口どけの良いパンを作る独自の製法を生み出し、「冷凍しても美味しく召し上がっていただけるパン」の開発に成功したのです。 美味しくなければ商品ではなく、生命を維持する為の食料にすぎない。 そしてまた、母の作ったお味噌汁のように、「美味しい」ものは決して 「食べ飽きる」ことはない。 これは、私が30年間心に刻み続け、商品を創り出す根底としてきたことです。 この度、通販事業を通じて、全国のお客様に想いを込めた商品を お届けすることが出来るようになりました。 「一つ一つのパンに心を込めて」手作りし、 『美味しさは、「幸せ」と「心の安らぎ」を与えることが出来る』 ということを、お伝え出来ればと願っております。
⇒ 詳細はこちら


Screenshot_20160822-070832.png

【ゆっくり解説】小田急3000形(2代目)について何となく解説




懐かしい 区間準急やん!もう見 これ好き。 背後に2600がww 何でもありですねw 小田急版103系(強引) おおいでしょ! ヘンタイカバー 個性派(同じ顔) あっ… 白が綺麗じゃないのよ あっちは18mだけどね 久し振り...


大ヒット小説「戯言シリーズ」が、あえて「OVA」でアニメ化されるワケ

log2.png

 西尾維新のデビュー作である大ヒット小説「戯言(ざれごと)シリーズ」が、ファン待望のアニメ化を果たす。第1作目「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」をOVA(オリジナルビデオアニメーション)全8巻でアニメ化する。1巻は10月26日に発売したばかりだ。

【記念碑的作品の「戯言シリーズ」はなぜOVAでアニメ化?】

 西尾維新さんはアニメ化・映画化の人気シリーズ「〈物語〉シリーズ」や、ドラマ化もされた「掟上今日子の備忘録」など、ヒット作を立て続けに刊行している作家。そのデビュー作が“戯言遣い”の少年・“ぼく”と、天才少女・玖渚友(くなぎさとも)をめぐるシリーズの1作目「クビキリサイクル」で、ファンにとって非常に重要な作品だ。

 その人気の高さに反して、メディアミックスがほとんど行われていない戯言シリーズ。ファン待望の映像化は、なぜ今行われ、そしてなぜOVAで展開するのか? そのこだわりとは? 「魔法少女まどか☆マギカ」や「〈物語〉シリーズ」のプロデューサーを担当し、現在はアニプレックス社長に就任している岩上敦宏さんに聞いた。

●西尾維新アニメプロジェクトは、「クビキリサイクル」から始まった

 岩上さんは「クビキリサイクル」の企画段階から関わっている。作品との出会いは、2002年にさかのぼる。当時30歳前半の岩上さんは、アニメプロデューサーとしてのキャリアをスタートしていた。毎日「どんな原作をアニメにするべきか」と考えているうちに、書店で戯言シリーズに出会ったのだという。

 「竹さん(挿絵を担当するイラストレーター)が描いたイラストが非常に目立っていて、読んでみたら本当に面白かった。ミステリー要素とキャラの魅力が両立しているのが新しかった。アニメにしたい――そう思ったが、同時に『やりたいけれど形にできない』とも思った。いい原作があっても、いいスタッフや制作ラインがないと、いいアニメにはならない」

 戯言シリーズは西尾作品の中でも“ご本尊”のように扱われていたと岩上さんは語る。「中途半端な形でアニメにしたくなかった。どうすればいいかを考えていくうちに、戯言シリーズだけではなく『西尾作品全体をどう展開していくか』と主題が変わっていった」。

 そして生まれたのが「西尾維新アニメプロジェクト」。その第1弾として「化物語」制作が決定した。岩上さんは同作にプロデューサーとして、作品の中身、企画、商品仕様、宣伝に関わり、少しでも面白い作品を作り、少しでも多くの人に届けることを目指したのだという。

 06年に小説が刊行された同作は、09年にアニメ化。映像ソフトが1万枚売れれば成功と言われるアニメビジネスの世界で、1巻は12万枚を超える爆発的ヒットを記録した。

 「『化物語』は、原作、スタッフ、スタジオの3者でいいイメージができた。『化物語』は、原作、スタッフ、スタジオの3者でいいイメージができた。同作は当時、『戯言シリーズ』に続く新シリーズのひとつで、西尾維新アニメプロジェクトのいわば“先鋒”というイメージだったが、それがアニメ史に残る大ヒットになった」

 アニメ制作会社はシャフト。「月詠 -MOON PHASE-」(05年)や「さよなら絶望先生」(07年)、岩上さんが手がけた「ひだまりスケッチ」(07)などのタイトルがアニメファンの話題を呼び、“特色ある制作会社”といった評価を確立しつつあった。

 「化物語」の予想以上の大ヒットを受け、以降は「〈物語〉シリーズ」として「偽物語」から始まり、最新シリーズの「暦物語」までの計11作品がアニメ化。シリーズ映像ソフトの出荷累計が200万枚を超えるシリーズになった。「傷物語」は劇場アニメには珍しい“3部作”で劇場アニメ化し、17年1月には完結編となる「〈冷血篇〉」の上映が予定されている。

●なぜOVAなのか?

 西尾維新アニメプロジェクトは、「〈物語〉シリーズ」を中心に展開しつつ、「刀語」もテレビアニメ化していた。では、「クビキリサイクル」がテレビアニメでも、劇場アニメでもなく、OVAで制作することになった理由はなんだろう。OVAという形態は、1980年代から90年代にかけては非常に盛んだったが、最近ではそこまで一般的ではない……といったイメージもある。岩上さんはこう語る。

 「作品にとって一番いい形を選んだら、全8本のOVAで制作するのがいいと思った。作品のジャンル、制作面、深夜アニメが置かれている状況も考慮した」

 「クビキリサイクル」は長編ミステリー作品。既存の“30分×13話の1クール”というテレビアニメの形式では、視聴者が混乱しやすい。また、クオリティーコントロールの面でも、OVAにはメリットがあった。テレビアニメで毎週25分映像を作るとなると、求めるクオリティーに達することが難しくなることもある。

 年間に放送されるアニメの本数が、ここ数年大幅に増加していることも大きかった。「化物語」がヒットした09年にはおよそ70本程度だったが、15年には150本を超え2倍以上に。そうした状況下において「記念碑的な作品である戯言シリーズを、本当に好きな人に届けるためには、OVAというパッケージで商品化するのがベストなのでは」と考えたのだという。

 岩上さんは劇場アニメ「空の境界」のプロデューサーも務めている。本来ならOVAとして出ているような作品を劇場で限定公開し、“1時間アニメを劇場にかける”“深夜アニメを劇場作品にする”といった今では当たり前のモデルの礎となった。そういった過去のノウハウがありつつも、劇場アニメにしなかったのはなぜだろう。

 「1話1時間だったら、劇場にかけるという選択肢があったかもしれない。ただ『クビキリサイクル』は、1話25分×8話構成。1回につき25分だと、少し劇場アニメにするには合わない」

●作品にとって一番いい形を

 「“作品にとって一番いい形を選んだ”のは、『クビキリサイクル』に限らない。『化物語』でも『刀語』でも、作品にふさわしい制作の形式を選んできている」

 「化物語」も、実は珍しいフォーマットを選んでいる。原作は5人のヒロインのエピソードが次々登場する連作短編集。「どのヒロインの話も面白い。その面白さを、1クール13話のテレビアニメのフォーマットでも生かしたい」――そう考えた岩上さんは、2つの仕掛けを作った。

 1つ目の仕掛けは、ヒロインごとにOP(オープニング)を変え、まるで新番組が始まるようにしたこと。映像や曲は各ヒロイン用のものを制作し、映像ソフトの特典としてCDを付けた。

「アニプレックスがビデオメーカーとして主幹事だったからできたこと。企画段階から、パッケージを含めたアイデアだった」

 2つ目の仕掛けは、「化物語」はヒロイン4人分のエピソードを描いた全12話を地上波で放送した後、最後のヒロインのストーリーにあたる13~15話をネット配信したことだ。一般的なアニメフォーマットであれば、他のヒロインのエピソードを削るところだったが、「どれも大事」という思いから、イレギュラーな形で放送することを決めた。

 アニメ「刀語」も、全12巻の原作をそれぞれ1時間アニメにし、月に1本放送するという、非常にイレギュラーな枠で展開した。もともと原作も12カ月連続という珍しい形式で刊行されており、放送枠でも“原作を再現”したといえる。

●“原作もの”が成功する条件とは?

 数多くの小説や漫画をアニメ化してきた岩上さん。原作ものアニメが成功する条件はなんだろう。

 「いいアニメになる最低条件は、監督やプロデューサーが作品を嫌いではないこと。ただ、どれだけ好きでも、作品が成功するとは限らない。業界全体として“原作ファンに楽しんでもらおう”ということを目指すようになっているが、それがかえって重圧になることもある」

 “原作に忠実に”と言うことは簡単だが、実行するのは難しい。特に小説だと、読者の想像力にアニメ映像がついていかないこともある。

 「読んでいる人の頭の中に広がっている光景は、1人1人違う。『原作小説と同じように面白いね』と言ってもらうためには、小説のフレーズをただ映像にするだけではなくて、読者の感じたイメージを再現する必要がある」

 また、アニメは集団制作であり、間に脚本家やコンテマンといったクリエイターが介在するものだ。“流れ制作”だと、気付かないうちに変わってしまうことも起こる。

 「ヒロインの『そうだけれども』という口調が、『そうだけど』に変わってしまうことが、アニメの制作では起こりやすい。でも、その細かな部分も含めて、ファンが愛しているキャラクター。原作と絵コンテの間を、“細部を落とさずにつなぐ”機能がしっかりしているチームがあるから映像にできる」

 OVA「クビキリサイクル」のメインターゲットは、かつて本作を読んでハマった20代~30代の男女。アニメ作品のプロモーションは、基本的に本編のテレビ放送自体が宣伝になる性質があるため、OVAは不利になりやすい。その代わりに、プロモーションビデオやCMの露出を増やし、Web広告も展開し、周知を進めている。

 西尾維新さんが「キャラクターコメンタリー(副音声で、作中キャラクターが実際に実況しているようにトークするもの)」を書き下ろし。映像商品としての価値を高めるとともに、コレクター心をくすぐる全巻購入者特典も用意している。

 「『クビキリサイクル』は、〈物語〉シリーズとはまた違った面白い映像で、魅力的なキャラクターがたくさん出てくる。原作既読の方にも、そうでない方にも楽しんでもらえる作品になった」

ギャラリー
  • メッシVSコービー 勝つのはどっち!?【Turkish Airlines】
  • Bit Region(ビットリージョン)31ビットコインの引き出しが完了。登録117日目の動画解説
  • アイコンキャッシュの最適化 「Windows XP高速化解説」
  • トレート゛コインクラフ゛(TCC)を運営してるのは、と゛んな会社??
  • 【D9】凄まじいバイナリ報酬の取り方について
  • トレードコインクラブ 聞き取りにくいかなーー!? 私のチームの様子
  • 2017年日本で流行るHYIP「Ethtradeイーサトレード」
  • 与沢翼が有料でも良いぐらいの手法を無料であなたへ!
  • エアービットクラブ(AirBitClub)のパスワード変更方法