Screenshot_20160822-070832.png

 パナソニックの子会社である、パナソニックプラズマディスプレイの倒産が決定した。帝国データバンクが伝えている。

【同社が製造していたプラズマテレビ】

 同社は2000年7月に設立した、プラズマディスプレイ関連製品の製造業者。「ビエラ」ブランドのプラズマディスプレイの製造により、2009年3月期には年売上高約3137億1400万円を計上していた。

 しかし、液晶テレビとの競争激化などによって、業績が悪化。2014年3月には、事業を停止していた。負債は約5000億円で、“製造業で過去最大の倒産”としている。



引用:パナソニックプラズマディスプレイが倒産 負債5000億円 「ビエラ」ブランドのテレビ製造


Screenshot_20160827-083953.png